Monday, 14 January 2019

欧州モノノネ日記 その2

海外へ行くには飛行機に乗らないといけない。現代ではほぼ間違いなく。ゆったりとした船旅は憧れるけど、いまではかなり贅沢な印象を受ける。ジェット機だとヨーロッパまで半日もかからずに移動できるなんて、改めてスゴイなぁ。

久しぶりの空旅で新しくなっていたのは、各座席にタブレット端末が埋め込まれていたこと。自由に映画やら音楽やらゲームやらを楽しめる。WIFIも利用できた。地上で当たり前のようにしていることが、飛行機の中で出来ないなんて、時代遅れなことなのだろう。地上でも自由に吸えないタバコは、当然禁止されていた。愛煙家としてはせめて喫煙ルームくらい設けて欲しいところだが、そんな時代を逆行するようなことは公共の場ではまず起こらない。

タブレット画面にリアルタイムの飛行情報を表示させることができた。時速900km以上のスピードで飛んでいるらしい。秒速に計算すると250m/s以上ということになる。音速340m/sに近い世界。これはとんでもないことだ。機内では普通に快適な空間を装っているが、実際はかなり特異な状況に置かれていることを肌身に感じた。

音速に近い空間の中で鳴らした音楽はどう耳に届くのか気になった。気圧も低いわけだし、音の響きは変化するはずだ。スピーカーMONOを機内に持ち込んで試聴したい衝動に駆られたが、まず無理だろう。ファーストクラスでもお断りかもしれない。やるなら自家用ジェット!?・・・とかなんやらくだらないことを考えたりしているうちに、あっという間に乗り換え空港のアムステルダムに到着した。

(青柳)

Tuesday, 8 January 2019

あたらしいとは?

2019年はじめのブログ。まずはご挨拶。
今年もよろしくお願いいたします!

さて新年なんて数字的区切りで、旧暦とかいれはじめるとどこを新年にしたらよいのやら。季節の移り変わりはなんとなく分かるんだけれど。何だか年が変わるのって不思議だな。お正月を迎えるとなんだか新しくなった気分になるのはなんでだろう。

と、どうでもよいことを疑問に思ってしまいました。いったんそんなことは脇においといて、なんだかんだいって行事ごとが好きな私。年末は実家にておせちづくり(担当は栗きんとんと伊達巻)を夕方までにすませて、紅白(しっかり全部観た)に年越しそば(にしんのやつ)にカウントダウン、だらだら深夜までテレビを観た。(最高!)
正月三が日はおうちでゆっくりと、いっぱい食べて飲んでまさしく特別な感じ。(ま、食べ過ぎ飲み過ぎには注意と反省。これも毎年の恒例行事のようなもの。)

すっかり非日常を楽しんで、気付いたらもう8日に。さすがに日常に戻らなくてはと思ってます。”ヨーロッパ物音日記”シリーズは、次に改めて。

(my)

Monday, 31 December 2018

忙しい病

気がついたら大晦日になっていた。慌てて今年最後のブログを書き始める。去年ブログ癖を身につけたと思っていたのに、今年はどうも書くことができなかった。時間が無かったから、というのは思い返せば、本当にそうだったのか、かなり疑わしい。毎日欠かさずレコード聴いたり、たばこを吸ったり(今年からパイプに移行しました)してたから、言い訳がましく思ってしまう。ただ単に「忙しい病」にかかってしまったのかもしれない。

近年時間の進み方の早さは加速度を上げている。時間の渦に飲まれているような感覚。個人的なものなのか、世の中全体のことなのか。歳をとったことも大きな原因の一つだとは思うのだが、それだけでもないような。

インターネット、eメール、携帯電話といった画期的なツールが世の中に及ぼした影響のことをついつい考えてしまう。人の行動、そして思考パターンは明らかに変化した。「いつでもどこでもできる」と思ってしまう癖が、「忙しい病」発症のいちばんの原因だと感じている。

インターネットを使わないとか、無い世界を今更考えても現実味がない。実際かなりの恩恵も受けている。「どう付き合っていくのか」がこれからの課題だと思う。自分に合った使い方を身につけると思考パターンも変えることができるかもしれない。時間に流されるのでなくて、乗りこなしたい、というイメージ。

音楽が流れる時間はいつでも一定だ。同じ時間だけ空間の空気を震わせる。振動をキャッチする自分が時間に流されているようでは、音楽の全てを味わうこと到底出来ないだろう。

ストーンズも歌っていた『TIME IS ON MY SIDE』をテーマソングにして何かを変えてみようと思う。

(青柳)

Sunday, 9 December 2018

ヨーロッパ物音日記 #2

どの国も郷土料理に美味しいものありというのが私の持論。(好みはあるけれど。)
 
30代の頃は食べものについて制限系(ベジタリアンとかオーガニックといった)のこだわりがありなかなか旅行でも不自由だったが、彦根に越してきて思うことあって今はそういった考えを捨てた。わたしにとってはよかった決断でした。
 
基本的に食べることが好きなので、知らない土地のごはんにとても興味がある。
 
今回訪れたノルウェー・ドイツ・ポーランド、どの国もそれぞれ美味しかった。
ごちそうになった以外は、ホテルでスーパーマーケットで買ったもの(例えば、チーズにハム、ザワークラウトの缶詰)やら安食堂で食べたりバックパッカー的なものでしたが、それでも!
 
帰ってきて、早速図書館にて1970年代初頭に刊行されたライフタイムブックス世界の料理シリーズ(日本語版江上トミさん監修)や各国料理についての本を借りる。このシリーズは写真といい内容といい最高なのです。ただドイツとスカンジナビア料理の本はあっても、ポーランドのものがなかった...。
 
ワルシャワの大衆食堂で食べたぎょうざみたいなピエロギ(ほんとうにぎょうざルーツらしい)やドーナツのポンチキ。全体的に素朴で私好みだったので、日本でつくってみようと思ったのに・・・。
 
調べてみても、ポーランド料理の本ってあまりない。そういえば、ポーランド料理って食べたのはじめてだったかも。
 
なんとか「ポーランド料理道」というすてきな本の情報をネット上でみつけましたが、オンラインで読めるのみ。紙ベースのものがほしいので、なんとか手に入れることができればと思っている。
 
江上トミさん監修「スカンジナビア料理」「ドイツ料理」より
右のドイツ料理の表紙写真はクリスマスにつくるお菓子の家
写真の質感といいすてき!心躍る。
 
(my)

Wednesday, 5 December 2018

欧州モノノネ日記 その1

ずいぶんと久しぶりの海外。十年くらい前はアートの仕事で一年の半分くらい海外にいたのに。プライベートでほとんど旅をしないタチなので、海を越えるにはそれなりの目的がないと行動に移せない。

今年ノルウェーのオーディオショップでスピーカーの取り扱いが始まったこともあって、ヨーロッパのオーディオシーンを直に見に行くことにした。スピーカーMONOが海外でどのように響くのか、どんな評価を受けるのかを知りたくなり、初の海外営業を行う決心をした。海外市場の方が活気があるという噂も、実際に行って見ないと分からない。

オーディオの世界だけでなく、ヨーロッパの人たちがどんな日常を送っているのかも知りたかった。どんな顔してみんな街を歩いているのか、街の様相は変わったのか。そう、ヨーロッパの空気を久しぶりに肌で感じたかったのだ。

バタバタのスケジュールで、出発前日は徹夜で準備作業。時差ボケ防止には寝ないほうが逆に良いと自分を励ましながら、スーツケースにスピーカーを入れるための保護ケースを作った。ふたつのスーツケースはスピーカーと機材で完全に埋まってしまった。ヨーロッパでの防寒を考えながらバックパックに入れれる分だけ服と着替えをセレクトするのが難しかった。

朝4時半にふたり分とは思えない物量の荷物を車に積んで最寄りの駅に運んだ。妻に駅で待ってもらい、僕は車を家に駐車し、徒歩で駅に戻った。タクシー営業のない早朝だったので、思いついた苦肉の策。始発電車に乗って京都に行き、初めて「はるか」に乗った。

ゆったりとしたシートに座った途端、睡魔に襲われ、気がついたら関空の橋の途中。9月の台風がどれだけ凄かったかを目の当たりにした。出発3時間前の誰もいないカウンターでチェックイン。荷物を運びながら感じていた悪い予感が的中し、スーツケースは重量オーバー。慌てて、ビニールのバッグを購入して荷物を詰め直した。二度目のチェックインでは、バッチリ重さクリアで胸をなでおろした。

551の豚まんを食べて、空港の書店で未読の『スプートニクの恋人』文庫本を購入。気がついたら搭乗時刻が近づいていた。搭乗直前の一服を済まして、機内へ。席に着いたら、心地よい疲労感。ここまでで十分ひとつの旅を終えた気分。

(青柳)

Thursday, 29 November 2018

ヨーロッパ物音日記 #1

多大なる影響を受けている本のタイトルから拝借して、今回の初ヨーロッパ海外営業のことを(my)と(青柳)で交互に綴っていこうと思います。(*物音=モノノネ)

20~30代にかけてバックパッカー的旅行をすることが多かったのですが、40代にもなってこのような旅をするとは思っていませんでした。行商のように、大量の荷物を持てるだけもって、3カ国を移動。ただ何でも経験しておくものですね。昔よりは体力的には劣っているとは思うのですが、経験値を積み重ねて総合的にはタフになっている気がします。

あとここ10年海外に行っていなかったのですが、(基本的には旅好きではない。なんとパスポートの有効期限も切れていた・・・)その間になんと世の中が便利になったことか。前は行き当たりばったりで、現地のインフォメーションセンターにて宿を探す。情報もロンリープラネットや地球の歩き方が頼り。(いまだに当時のもの持ってます。)これが、さくっと泊まるところも日本円で簡単に準備していけること。ネットもsimフリーとカードさえ用意すれば、格安でつなぐこともできる。どこにいっても、みんな片手にスマートフォンとタブレット。隔世の感あり。

ヨーロッパの物価が昔に比べてだいぶん高くなっていて、今後は比較的物価が安いと思われる東欧に興味が出てきました。(昔は西欧ばかり行っていた。)

実際に体験や経験することの重要さを改めて感じた2週間でした。

(my)


Thursday, 8 November 2018

AUTECHRE IN AUTUMN

スピーカーMONOを使い始めてからだろうか、オウテカの存在感がどんどん大きくなって来ている。
基本的に派手さがない音楽だと思うが、一つ一つの音を味わうとじんわり美味しい。
かなり硬質なテクノサウンドがこれほどまでに温かく感じられるのは、やはり作り手の心がなせる技なのだろう。
MONOのおかげで今までスルーしてしまっていたような音楽の背後にある何かを感じられるようになった気がする。

ついに以前から気になっていたオウテカの1991年から2002年までのEPを集めたボックスを手に入れた。
黒のペーパーボックスに収められたトーンの異なるグレーのCD5枚。つや消しの紙ジャケットにある文字は曲名のみ。しかも全てプリントではなく型押し。そして必要な情報は、CD盤面に読めないくらい小さな文字でサークル状にぎっしり記載されている。
美術館でスゴイ作品に不意に出会ってゾクゾクしたような感覚。これぞアート。僕はそう思う。

気がついたら最初から最後まで一気に聴いてしまった。47曲5時間39分59秒あるらしい。
秋の空気にオウテカはよく合う。
horaanaに訪れた突然の「藝術の秋」。

(青柳)