Friday, 14 September 2018

ネットでレコ買い その1

都市部を離れて暮らしてから少しさびしく思うのは、レコード屋さんに行く機会が減ったこと。生活していて特に不自由や不満を感じることはないのだけど、こればっかりは長年の趣味(中毒)なので、たまにふらっとレコード買いに行きたいなー、と欲が出てしまう。

今、やっぱりネットで買い物することが多い。ネットで探すときは、「検索」という行為がつきもの。世界中の莫大な情報から欲しいものを的確に探してくれるので、アナログ時代に比べて、WANT LISTに入っているようなレコードを探すのは容易になった。試聴システムも充実しているので、自分の求めている音楽を高い精度で提供してくれる。

そのこと自体はありがたいことだけど、レコード屋に行くことの醍醐味は、逆に「精度の悪い」買い物をすることだと思う。

探しているレコードの棚を見ることからスタートして、忘れていた欲しかったレコードを見つけたり、不意に気になるジャケに出会ったりしているうちに、手に持ったレコードはどんどん増えていく。レジに行く前に財布と相談しながら、棚に返すべきか買うべきかを選別作業をしている時、結構真剣な顔をした自分がそこにいる。

その時の気分や出会いを重視しているので、購入品が果たして好みの音楽かは針を落とすまで分からない。想像以上の収穫もあれば、もちろん後悔することもあるけれど、このドキドキ感がたまらないのです…

ネットでレコ買いするときにも、なるべくドキドキ感を高めるようにしている。(具体的な方法はまた紹介します。)それは、不確定要素をなるべく増やす工夫なのかもしれないな。とにかくこんな場所に住みながらレコード欲を満たしてくれるネットに感謝。

(青柳)

Sunday, 9 September 2018

菊と栗

タイトルは、9月9日は重陽の節句と知って調べてみたことから引用したキーワード。栗ごはんがいいというけれど、旧暦と新暦の差か、今の時期あまり手に入らないような。あと、あまり食用菊も見かけないな。

9月に入ってあっという間に9日になっていた。時間が過ぎていくのが、通常の感覚から比べて早すぎる。昨日のことが大分前のような気がする。

季節の変わり目。こんなときこそ、心を落ち着けて。いろんなことを点検しなくてはと思う。そして、すぐ焦ってしまう自分に気付いてかえっていつも以上にゆっくり行動しようと思う。

(my)

Wednesday, 5 September 2018

電気がないと…

またまた大きな台風が到来。今年の夏の異常な暑さと関連しているんだろうな。何かが変わり始めている気配を感じる。

今回の台風は昼間だったので、最初から終わりまで体験した。horaanaのあたりでは雨はそれほどではなかったが、風の強さは物凄かった。瞬間的に打撃のような風がうまれていた。木はなぎ倒されそうなくらいしなり、家は軋んでいた。

木工作業を土間の作業場でやっていたら、突然電気が切れた。停電だ。ちょっとして一度点灯したが、そのまま真っ暗に。いつでも薄暗いhoraanaだが、今日は雨戸を締め切っているので、特に暗い。作業を断念しようと思ったが、電気を使わない作業を続けることにした。

作業場の戸にある小さな窓からの光しかない。流石に手元が見えないので、ランタンの灯りを点けた。最初はやり辛かったが、目が慣れてきて意外と作業はできた。でもいつもの倍くらい時間はかかるし、機械が使えないから出来ない作業も多い。

リアルな体験として、電気がないとスピーカーを作ることができないことを思い知ることになった。電気に感謝すると同時に、電気が無くても仕事ができたり、生きていけるくらいのたくましさを身につけたいと思った。

でも、そもそもスピーカーは電気がないと音が出ない…

東日本大震災を経験したあと、電気がないと音楽を聴けないことに危険性を感じて、蓄音器とSP盤を手に入れた。オーディオに熱中するより前の出来事。それまでのスピーカーで聴く音楽とは異次元の素晴らしさを知った。その時の感動はホラオーディオの音づくりにも活かされている。

突風の音を聞きながら、いつかHIFI蓄音器をつくってみたいと思った。

(青柳)

Friday, 31 August 2018

ある記憶

雷と大雨降る今日の夕方。8月31日。昨日のブログと同様、気持ちの上では今日が夏の終わりと思ってしまうのはなんでだろう。(思春期の刷り込みは恐ろしい。)

9月に入っても、実際は残暑続く昨今なのに。明日から秋が始まるんだという気分。
本当は旧暦のほうが、季節と連動しているなとは思うんだけれど。

別に特別にバカンスらしいことをした訳でもないけれど、過ぎゆく夏を名残惜しく思い返す。地味だけれど日々の生活の中で季節を感じて暮らすこと、そういった意味では十分満喫したなと思っている。昔は何か特別な場所にいったり非日常を求めていたけれど、今は違うな。

[追記]
去年の8/31のブログ。偶然わたしの担当だった。今日と似た様なことを書いている!おまけにタイトルまで・・・。書き終わった後読んでみて、不思議なような必然のような。同じ人なので当然というか。

(my)

Thursday, 30 August 2018

あの夏の感じ

これだけ暑いと、いつまで夏が続くのかおそろしくなる今日この頃。
でも夏休み最終日の8月31日が「夏のおわり」という感覚はこの歳になっても残っている。(今の夏休み期間は地域によって結構違うようだが。)「今日は30日、あと1日しか夏がない…」学生の時のいろいろな感情が入り混じったあの感じは、言葉では説明しづらいものがある。

そういえば、坂本慎太郎さんが『できれば愛を』に関するインタビューで、「夏休みの最初の日の朝っぽいアルバム」をテーマにしていたと語っていた。すごくよく分かります。その感じ。

今宵は、「あの夏の感じ」を永遠に封じ込めたような音楽、ジョナサン・リッチマンの "That Summer Feeling" に針を落とすことにしよう。

(青柳)

Wednesday, 22 August 2018

日日雑記#6

”夏の終わりのハーモニー”。
とある雑誌に懐かしいヒットソングからとっただろうフレーズが。改めていい言葉だなぁ。

日に日に秋が近づいてくる。夏の終わりということ。なんだか少し切ない気持ちになる。

どこか焦っているのは、夏休みの記憶のせいか。強制的な宿題なんてもうないのに。

そんな夕暮れどきに、休憩をかねて庭のベンチにこしかけて冷たい緑茶とわらびもちを食べた。少し落ち着く。ふと空を見上げると、季節は確実に進んでいる。

今年の夏は、わたしのことを励ましてくれるような本にたくさん出会った気がする。
図書館に一日こもりたいな。今のわたしにとっては、すごい贅沢なことだけれど。

気持ちがまずはじめにあるということを痛感する今日この頃。
そして、その次はやってみないとはじまらない。当たり前のことだけれど。

(my)

Monday, 20 August 2018

思ったことの何割?

春ごろから作業していたホームページリニューアル作業がやっとメドがつき、先日公開することができた。5月には公開予定だったのだからヒドイものだ。

遅れた一番の理由は、現状のサイトでも見れる状態だったので、仕事の後回しにしがちだったこと。データの移行はとても地味な作業だったので、エンジンがなかなかかからない。日課にするには苦行すぎた。

ついに自分にムチを打ち、締め切りを設定した。期日を設け、うまくいくとエンジンキーがONになる。1速から2速に入りそのままうまく加速して完成するイメージを念頭に作業した。(ちなみにマイカーはマニュアル車です。)

なんとか締め切りギリギリでホームページをアップすることができてホッとした。でも思っていた内容の7・8割しか出来なかった。必要最低限という感じ。

いつも必ずそうなってしまうから面白い。がんばって膨らませたビーチボールの栓をする時、何パーセントかの空気が漏れて小さくなってしまうかのようだ。だからいつもイメージは思いっきり大きく持とうと思っている。途中で現実にぶち当たり、小さくなってきたら追加でイメージを押し込め、さらに膨らます。それでまた小さくなってコトは終わる。

限られた時間でできることは、いつも小さくなるからといって、手抜きはしたくない。精一杯吹き込まないとどんどん萎んでいってしまう。

強欲だなぁ、と自分のことを思うけど、想像するのは勝手。人生もそんなものかも。

(青柳)